よか石けん いちご鼻

よか石けんでいちご鼻を改善するコツ

小鼻の黒ずみが何をどうやっても取れなくて汚く見えてしまう「いちご鼻」。

 

毛穴の奥まで汚れを吸着して落としてくれる「然よか石けん」でいちご鼻を改善するためのコツをまとめました。

 

鼻部分だけしっかり泡パックを心がける

よか石けんで洗顔するときに作った泡で、鼻をしっかりと覆い、しばらくそのまま置いて「泡パック」をすることで、毛穴の奥の汚れが落ちやすくなります。

 

一度や二度の洗顔ではなかなかスッキリ落ちたという実感は得られないかもしれませんが、特に鼻部分を意識して泡パックすることをしばらく続けてみてください。

 

洗顔前にアルガンオイルで鼻パックをする

洗顔だけでは物足りないという人は、週に一度、アルガンオイルを使った鼻パックを取り入れると、いちご鼻改善により効果的。

 

洗顔前にアルガンオイルを鼻に塗り、指の腹でなじませるようにやさしくマッサージします。

 

しばらく置いた後、そのまま洗顔すればオッケー。

 

アルガンオイルは角栓を取り除くのに最適なオイルなので、いちご鼻の黒ずみもしっかりと落とせます。

 

クレンジングに使ったり、洗顔後の保湿にも使える万能アイテムなので、ぜひゲットしてみてくださいね。

 

とにかくしっかり、を求めるなら酵素パウダーもお勧め

オイルパックや洗顔でお肌にやさしくゆっくりいちご鼻対策もいいけど、即効性のある対策を取りたいという人にお勧めなのが酵素パウダー。

 

酵素パウダーは泡立てて洗顔用に使うものですが、この酵素パウダーで鼻パックをすると、驚くほど鼻の角栓が取り除けます。

 

酵素パウダーを泡立てずに水を加えてペースト状にしたものを鼻に塗り、乾燥するまで放置します。

 

乾燥した後は洗い流せば鼻の角栓がスッキリ。

 

洗顔をした後はアルガンオイルで保湿して、毛穴に汚れが詰まってしまわないようにケアしましょう。

 

酵素パウダーでの鼻パックはお肌への刺激が強いため、週1回くらいの間隔で行うのがおすすめです。

 

いちご鼻予防には「丁寧なクレンジング」を

いちご鼻に悩む人たちの一番の原因は「クレンジングで汚れがしっかり落とせていないこと」。

 

落としきれなかった汚れが蓄積して、いちご鼻になってしまうという訳です。

 

クレンジングはお肌の負担になるため、できるだけさっと済ませるというのが基本のルールですが、いちご鼻になりやすいという人は、鼻だけでも意識してしっかりクレンジングするよう心がけてみてくださいね。