洗顔石けん 敏感肌 おすすめ

洗顔石けんが敏感肌におすすめな理由とは?

ちょっとでも刺激があるとピリピリしたり赤くなったり腫れてしまったりと、トラブルが多くなりがちな敏感肌。

 

安心して使える化粧品が限られてしまう敏感肌ですが、そんな敏感肌をやさしくケアするのにピッタリなのが石けんで洗顔することなんです。

 

今回は、洗顔石けんが敏感肌におすすめな理由をご紹介します。

 

敏感肌を洗うのに石けんが良いのはなぜ?

敏感肌の人の洗顔に、石けんを使うのがおすすめな理由はズバリ「程よい洗浄力だから」。

 

界面活性剤が使われている市販の洗顔フォームは洗浄力が強すぎて、敏感肌の人のお肌がトラブルを起こしやすい状態になってしまいます。

 

洗顔するだけでお肌がピリピリすることがある、という人の場合、その洗顔料は今すぐやめて、石けんを使うことをおすすめしたいほど。

 

とは言え、洗顔のときの汚れ落ちが十分でないのは不快なものですし、肌に残った汚れが原因となってトラブルが起きるということも考えられます。

 

石けん洗顔の場合、肌表面の汚れや過剰に分泌された皮脂汚れはしっかりと落としますが、お肌には必要な皮脂が残った状態で洗い上げることができます。

 

敏感肌を守るための皮脂を残しながら、汚れはしっかり落とせる、という訳です。

 

泡で汚れを吸着できるタイプの石けんがおすすめ

洗顔石けんを選ぶときに注目してほしいのは「泡がしっかりたつかどうか」。

 

泡がしっかり立つタイプのものは、泡で汚れを吸着して汚れを落とすことができます。

 

そうすると、泡をお肌にのせるだけで、ゴシゴシこすったりしなくても要らない汚れは落とせてしまうため、お肌への負担や刺激が少なく、やさしく洗い上げることができるんです。

 

たっぷりの泡で洗い上げるタイプの洗顔石けんはたくさん販売されていますが、特におすすめなのは当サイトでもご紹介している「然よか石けん」。

 

よか石けんは火山灰シラスというミネラルたっぷりの成分を、さらに細かく、お肌にやさしい形に加工したもので毛穴の奥の汚れまで吸着できるから、泡をのせるだけでも汚れがしっかり落ちるんです。

 

余分なものは一切含まれない「完全無然加」の石けんだから、毎日使ってもお肌にやさしく安心です。

 

皮脂が気になるTゾーンは、泡をのせた後、軽くマッサージするように撫でても構いませんが、乾燥しやすい目元や口元は泡をのせるだけで十分。

 

ぬるめのお湯でしっかりとすすいだ後は、たっぷりと保湿を行ってください。

 

泡洗顔でお肌をやさしくケアしてあげることで、肌本来の健やかさを取り戻すことができ、敏感肌をケアすることにもつながります。

 

ぜひ、試してみてくださいね。