洗顔石けん 選び方

ご存知ですか?自分の肌に合った洗顔石けんの選び方

石けんで洗顔する、シンプルなスキンケアが最近注目を集めています。

 

しかし、「洗顔石けん」と一口に言っても、いろんな種類の石けんがあり、どれがお肌に合うものなのかは人それぞれ。

 

今回は、自分の肌に合った洗顔石けんの選び方をご紹介します。

 

石けんを使うメリットは?

石けん洗顔の一番のメリットは、皮脂を取りすぎないこと。

 

界面活性剤が含まれている洗顔フォームは、脱脂力が高く、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、かえって余分な皮脂を生み出す原因になってしまったり、逆に、乾燥肌の原因ともなってしまいがち。

 

石けんでの洗顔は、皮脂の取りすぎを気にすることなく、お肌の汚れと余分な皮脂だけをすっきり洗い流してくれるんですね。

 

スキンケア成分がお肌に浸透しやすい

洗顔フォームの中には、保湿成分が入っていて洗い上がりもつっぱらずしっとり、というのが売り文句の商品もたくさんあります。

 

これは、洗顔後のお肌を保湿成分で覆ってしまっているということ。

 

洗顔しながら保湿するのが悪い訳ではないのですが、石けんで洗った後のお肌は汚れと余分な皮脂がなくなった素の状態。

 

素の状態の方が、洗顔後に使う化粧水や美容液などの浸透が良くなるのは想像がつきますよね。

 

つっぱらない洗顔石けんもある!?

しかし、石けんで洗顔するとなると気になるのが「洗顔後のお肌のつっぱり」。

 

乾燥肌の方は特に、洗顔してすぐにスキンケアしなきゃと不安になってしまう人も中にいるかもしれません。

 

しかし、洗顔石けんは製法によって乾燥しやすさ、つっぱりやすさが変わってきます。

 

枠練りと呼ばれる手作りの石けんは、機械で製造されるものより天然由来の成分が残りやすく、お肌がつっぱりにくいのが特徴。

 

石けんの表記に、枠練りやたきこみ法、コールドプロセスと書かれているものは、手作りで作られたものなので、こうした石けんを選んでみるのがお勧めです。

 

無添加にこだわる必要はない

最近、オーガニックや無添加の化粧品が注目を集めていますが、洗顔石けんの場合、必ずしも無添加にこだわる必要はありません。

 

お肌にやさしい使い心地が実現するのであれば、有害なものでなければ添加物が使われていても大丈夫。

 

無添加だからお肌にいい、と、妄信することなく、トライアルなどで実際に使い心地を確かめてみて、ご自身の肌に合っているかどうかを確認してみてくださいね。