真夏 ゴワゴワ スキンケア

真夏のゴワゴワ肌の原因は?夏の美肌を作るスキンケア

真夏になると、汗をかいてしっとりしているはずなのに、なぜかお肌がゴワゴワしている気がする・・・

 

真夏には、真夏ならではの肌トラブルとその対処法があります。

 

今回は、夏の美肌をキープするためのスキンケア法をご紹介します。

 

真夏の肌がゴワつくのはなぜ?

真夏はなぜか肌がゴワゴワ、固い感じがして化粧のノリもイマイチ・・・と感じる人が多い季節。

 

真夏のゴワつき肌の原因はいろいろありますが、一番大きいのは強い日差しによるダメージで、ターンオーバーが乱れて古い角質が残ってしまっていること。

 

また、エアコンによる乾燥や、夏までの肌の疲れが一気に肌に出てくることも、ターンオーバーの乱れに大きく影響しています。

 

つまり、真夏の肌のゴワつきは「古い角質」。

 

肌のバリア機能は保ちながら、古い角質を落としてターンオーバーを整えていく必要があるんですね。

 

真夏のゴワつき肌ケア、お勧めの方法は?

古い角質を落とす、と聞くと、ピーリングやスクラブ入りの洗顔料でしっかり角質ケア、と考えがちですが、先ほども書いた通り、真夏の肌は強い紫外線やエアコンによる乾燥などでダメージを受けやすい状態。

 

できるだけ肌への負担を減らしながら、古い角質だけを狙って取り除ける角質ケアを選ぶ必要があります。

 

何だかゴワついているな、と感じたときにまず試してみてほしいのが「拭き取り化粧水による角質ケア」。

 

狙ったところだけに使える拭き取り化粧水は、ピーリングやスクラブに比べて肌への負担が少なく、角質ケアの効果もマイルド。

 

まずは拭き取りで様子を見ながら、どの程度のケアが必要なのかを把握していきましょう。

 

拭き取り用コスメでお勧めなのが、タカミスキンピール。お肌があまり強くないという人は、ビオデルマ サンシビオH2Oクレンジングなどもお勧めです。

 

ガッツリ日焼けをしてしまったときには、古くからおなじみの資生堂のカーマインローションも便利に使えます。

 

肌のゴワつきが気になるのは、皮脂分泌の盛んなTゾーン。額から鼻下、あご回りなどを重点的に拭き取ることで、ゴワつきが劇的に改善します。

 

拭き取り化粧水を使ったことのない人は、この夏、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

角質ケアをするとき「ツルツルで気持ちいい!」と感じるときは、多くの場合角質の取りすぎ。

 

真夏は肌ダメージが大きいときなので、できるだけバリア機能を保てるよう、最低限の角質ケアでお肌を守ることを心がけてくださいね。