夏 洗顔

夏こそ気を付けたい!洗顔後のすすぎ方について

汗をかいてベタつきがちな夏のお肌はさっぱりと洗い上げたいと感じるもの。

 

丁寧に洗顔を行うことはどの季節でも大切ですが、ベタベタ感が不快に感じる夏はさっぱり感を求めてしまいがち。

 

夏の洗顔で特に気を付けたい、洗顔後のすすぎ方についてまとめてみました。

 

洗顔後のすすぎ方、どんな風にしてる?

夏に限らず、洗顔後のすすぎ方には実は気を配ることが大切。

 

洗顔料をつけて顔を洗っているときは、しっかりと泡をたてて、マッサージするようにやさしく洗っているけれど、すすぎはさほど気にせずバシャバシャ洗っている、という方がほとんどではないでしょうか。

 

しかし、すすぎが終わるまでが洗顔。洗い残しがないようにとついついゴシゴシこすってしまいがちですが、すすぎも水で顔をなでるくらいのやさしさで、丁寧に洗い流すことが実はポイントなんですね。

 

たっぷりのぬるま湯や水で、顔を「洗い流す」くらいのタッチで丁寧に流すのがすすぎのコツ。

 

間違っても、泡を残さないぞ!とばかりに水をくんだ手でゴシゴシと肌をこすってしまってはダメなんです。

 

夏の洗顔のすすぎ、気を付けたいのは?

ところが、多くの方がすすぎのときにはお肌の感触を確かめるように、指でお肌の状態を確かめてしまいがち。

 

お肌はできるだけ摩擦を与えずにケアをするのが鉄則ですから、洗顔の際にもできるだけ肌に触れたり、こすったりする機会を減らすのがポイントです。

 

乾燥しがちな冬などは、さっと洗い流すだけでもお肌がキュキュッとした感じがするため、そこまでゴシゴシ肌を摩擦する人はいないかもしれませんが、問題は夏。

 

洗っても洗っても、肌がヌルヌル、ベタベタしているような気がすると、指でお肌のヌルヌルをこすって落としてしまう人が多いんです。

 

しかし、そのヌルヌルは脂や化粧汚れの残りではありません。

 

洗顔料で丁寧に洗っていれば、べたつきがちな夏場でも皮脂汚れや肌表面の汚れはしっかり落ちています。

 

洗った後、すすいでいるときにヌルヌルするように感じるのは、肌に必要は皮脂や、肌表面で柔らかくなっている角質の感触。

 

洗顔で洗い流してしまえば、そのときはお肌がキレイになった気がしますが、必要な皮脂や角質を洗い流してしまっているため、後々のお肌にとってはダメージの原因になることもあるんです。

 

夏場はさっぱり洗い上げたい気持ちはよくわかりますが、洗顔料のすすぎはできるだけやさしく、肌への摩擦を最低限にとどめることを心がけてみてくださいね。

 

 

 

肌のぬるぬる、ベタベタは無条件で「良くないもの」と考えがちですが、実はそうではありません。

 

肌本来の力を取り戻し、健やかで美しい肌を手に入れるためにも、やさしいタッチのすすぎにチャレンジしてみてくださいね。