肌トラブル 洗顔しすぎ

その肌トラブル洗いすぎが原因かも!?洗顔しすぎの肌トラブル予防法

顔がベタつくと感じたときや、顔全体に何かがべっとりまとわりついていると感じるとき、洗顔をするとスッキリして気持ちが良いですよね。

 

しかし、洗顔のしすぎはかえって健やかなお肌を損ねてしまいがち。

 

そこで今回は顔の洗いすぎによる肌トラブルと、洗顔のしすぎを防ぐ方法をご紹介します。

 

顔を洗いすぎると起きる肌トラブルは?

洗顔料を使って洗顔をすると、余分な皮脂が取り除かれてお肌がきゅきゅっと、スッキリしたように感じます。

 

石けんなどを使った洗顔で皮脂を落とし過ぎることで、乾燥しやすいお肌になってしまいます。

 

お肌が乾燥すると、「もっと皮脂が必要!」と、お肌からどんどん皮脂が分泌されるため、お肌は脂が出やすい状態に。

 

それを防ぐためにさらに洗顔して・・・という、悪循環に陥ってしまいがちです。

 

洗いすぎによる乾燥は、しわやたるみの原因にもなってしまいます。

 

さらに、洗顔のしすぎでお肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことで、肌のバリア機能が低下し、肌荒れやかゆみ、吹き出物などのトラブルも増えてしまいます。

 

また、あまり知られていないことですが、顔を洗いすぎることで肌への摩擦が増え、毛穴へのダメージが大きくなり、毛穴の黒ずみの原因にもなってしまいます。

 

お肌の脂を取る、毛穴の汚れを落とす、というつもりでしっかり洗顔することが、かえってこれらの肌トラブルの原因を作り出してしまっていることもあるのです。

 

洗いすぎを防ぐためには?

では、洗顔のしすぎを防ぐためには一体どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。

 

一番大切なのは、洗顔料を使う回数を減らすこと。

 

洗顔料を使って顔を洗うのは1日1回で十分。それ以外で洗顔したくなった場合は、ぬるま湯で顔をやさしく撫でる程度にしましょう。

 

洗顔料を使うときにはできるだけしっかり泡立てて。手が直接お肌に触れないくらいが目安です。

 

泡を乗せた後はゴシゴシ洗うのではなく、やさしく撫でる程度に。1分以内に洗顔を終えて、すすぎに入るようにしてください。

 

クレンジングは肌にやさしいミルククレンジングか、さっと浮かせてスピーディーにメイクを落とせるオイルクレンジングで、クレンジング料が肌に触れている時間を減らすことが大切。

 

また、クレンジングも洗顔も、すすぎのときにはぬるま湯で。熱すぎるお湯を使うとそれだけで皮脂を落とし過ぎる原因になってしまいます。

 

この方法で洗顔すると、しっかりと汚れが落とせていないような気がしてしまいますが、スッキリ感がないくらいでも洗顔は十分。

 

お肌への刺激や、必要なものを洗い流しすぎていないかを意識して洗顔するようにしてみてください。

 

 

 

「こんなので本当に洗えてるの?」と感じるくらいが、実は程よい洗い上がりなんですね。

 

メイクが残っているのは肌に負担をかけてしまいますが、クレンジングと洗顔をしていればメイクはしっかり落とせている人がほとんど。

 

原因不明の肌トラブルのお悩みの方は、一度「洗いすぎない洗顔」を、意識してみてはいかがでしょうか。