初夏 肌トラブル 洗顔

初夏の肌トラブルを解消するとっておき洗顔法

気候が良くなり、過ごしやすく気持ちの良い初夏。

 

しかし、お肌の調子はいまひとつ・・・と感じる方も実は多い季節なんです。

 

今回は、初夏のお肌をしっかりいたわる洗顔法をご紹介します。

 

皮脂が増え、汗をかくことでお肌の汚れが残りやすい初夏

初夏にお肌のベタつき、ごわつきが気になるのには、さまざまな原因があります。

 

一番の原因は暖かくなり、皮脂の分泌が増えること。

 

汗をかきやすくなり、お肌の表面に皮脂と汗での汚れが残りやすいことから、お肌のトラブルを招きやすくなるのです。

 

また、初夏は夏本番に比べて湿度が低いため、自覚がないうちにお肌が乾燥していることが多い季節でもあります。

 

知らないうちに乾燥したお肌が、Tゾーンはテカるのに口周りは乾燥する、など、混合肌にありがちな肌トラブルの原因となります。

 

お肌のごわつきは、気候の変化に肌がついていけず、ターンオーバーが乱れてしまっていることが原因です。

 

余分な皮脂を取り除き、毛穴の奥までしっかり洗う

そんな初夏のスキンケアでもっとも重要なのが洗顔。

 

一気に増えてしまった皮脂と、汗などによる肌表面の汚れを毎日丁寧に取り除くことで、お肌を健やかな状態に戻すことができます。

 

余分な皮脂は毛穴に詰まり、黒ずみや毛穴の広がりの原因にもなってしまうため、毛穴の奥までしっかりと汚れを落とすことが大切。

 

洗顔料や石けんを使って洗顔する前の予洗いは、ぬるま湯を使って普段より丁寧に行うことで、皮脂汚れやお肌の汚れ落ちが格段に良くなります。

 

そんな初夏の洗顔にピッタリなのが、当サイトでご紹介している「然よか石けん」。

 

火山灰シラスの細かい粒子が毛穴の奥の汚れを吸着し、余分な皮脂や汚れをごっそりと洗い流してくれます。

 

ごわつきが治まらないときはピーリングもお勧め

肌への負担が大きいため、頻繁に行うことは避けたいピーリングですが、この時期は積極的にお手入れに取り入れるのも良いでしょう。

 

特に普段の洗顔で肌のごわつきがなかなか改善しないという場合、古い角質をピーリングで取り除くことでターンオーバーを助けることができます。

 

とは言え、目安は週に1回程度。お肌の様子を確かめながらピーリングをしてみてくださいね。

 

ピーリング後はお肌がデリケートな状態なので、いつもよりしっかりめに保湿することを心がけると良いでしょう。

 

 

 

冬のように乾燥していないと思いきや、実は知らないうちに乾燥してしまっている初夏のお肌。

 

洗顔と保湿はどの季節も重要なお手入れになってきます。

 

お肌の調子がイマイチだな、という方は、ぜひ参考になさってくださいね。