洗顔しすぎ 肌トラブル

洗顔しすぎが引き起こす肌トラブルとは?

キレイなお肌を手に入れるために、毎日丁寧に洗顔しているという女性はたくさんいらっしゃることでしょう。

 

しかし、その洗顔があなたの肌トラブルの悩みの原因になっているかもしれないことを、あなたはご存知でしたか?

 

今回は、洗顔しすぎが引き起こす肌トラブルについてご紹介します。

 

どのくらいだと「洗顔しすぎ」なの?

顔を洗いすぎると肌トラブルの原因になる、と言われても、一体どのくらい洗うと「洗いすぎ」なのか、よくわからないという方もいると思います。

 

これは、肌の状態やもともとの肌の健康さによって個人差の大きい部分ですが、目安としては「洗顔料を使っての洗顔は1日2回まで」。

 

それ以上に洗顔しているという方は「洗顔しすぎ」の状態です。

 

「洗顔しすぎ」ると、一体どんな肌トラブルになるの?

洗顔で顔の汚れを落とせば、お肌がどんどんキレイになるような気がしますよね。

 

そんなイメージもあって、洗顔しすぎるとどんな肌トラブルが起きるのか、想像がつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

洗顔しすぎの肌トラブルで一番多いのが「乾燥」と「オイリー肌」。実はこの2つの原因は同じなんです。

 

その原因とは・・・「必要な皮脂を洗い流してしまっていること」。

 

お肌が自分の力で健やかな状態を保つためには、ある程度の皮脂が必要。

 

洗顔のしすぎで必要な皮脂まで洗い流してしまうことで、お肌が乾燥してしまったり、皮脂の分泌が促されてしまうことでオイリー肌になったりしてしまうんですね。

 

その他にも、皮脂がなくなり肌表面の角質層にダメージを受け、肌のバリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れて肌表面が汚くなってしまったりと、洗顔しすぎによる肌トラブルは多岐にわたります。

 

肌トラブルを防ぐための洗顔法とは?

では、このような肌トラブルを防ぐためには、どのように顔を洗えば良いのでしょうか?

 

まず、洗顔は「水洗い」を基本にすること。

 

洗顔料を使っての洗顔は、帰宅後に化粧を落として寝る前だけの1回でも十分。

 

それ以外の洗顔は水だけで顔を洗い、必要な皮脂を守るようにしましょう。

 

脂っぽさが気になる場合は水洗顔を増やすか、ミストでお肌に水分を補給すると良いでしょう。

 

美肌を作る基本は、肌本来の健やかさを取り戻すこと。

 

肌が自ら健やかで美しい状態になるのをサポートするために、洗顔のしすぎにはくれぐれも気を付けてくださいね。