残暑 乾燥肌 スキンケア

残暑の乾燥肌をバッチリ乗り切るスキンケア方法とは?

乾燥肌と言うと秋冬の乾燥しやすい季節をイメージしがち。

 

しかし、実は真夏から急激に湿度が下がる残暑から初秋にかけての季節も肌が乾燥しやすい時期。

 

この時期特有の乾燥肌トラブルを上手に乗り切るスキンケア方法をご紹介します。

 

セラミド入りの化粧水、乳液で角質のバリア機能を守る

一番の対策は、セラミド入りの化粧品を使って、低下してしまいがちな肌のバリア機能を保つこと。

 

セラミドを補うことで、角質層の水分保持機能がアップするため、お肌を乾燥しにくい状態にすることができるんです。

 

化粧品以外にも、サプリメントでセラミドを摂取することも可能。

 

興味がある方は、セラミドのサプリメントを取り入れてみるのもお勧めです。

 

肌のバリア機能を高める食べ物を食べる

お肌のバリア機能を高めるには、セラミドを補う以外にも、肌のバリア機能を高めてくれる食品を摂取する方法もあります。

 

こちらはすぐに実感がある方法ではありませんが、人間の体は食べたものから作られます。

 

毎日の食事に対する意識を少し変えるだけで、一年中お肌の調子を良い状態に保つことも可能なんですよ。

 

お肌は腸と深い関わりのある部位。腸内環境を整える乳製品や発酵食品を定期的に摂ることで、お肌のコンディションを整えることができると言われています。

 

その他、女性ホルモンを整えてくれる大豆製品やサーモン、長芋や抗酸化作用のあるトマトなどもお肌に良い食べ物。

 

食事はバランスが大切ですが、ここで挙げたような食品を適度に取り入れ、美容に良い食事を意識するのもお勧めです。

 

水分補給をした後は油分でフタをするのを忘れずに

しっかりと水分補給をした後は、水分が蒸発してしまわないように油分でカバーすることが重要になってきます。

 

クリームなどはベタつくから嫌だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほんの少し、薄く塗るだけでも水分キープ力はグンとアップ。

 

気にならない程度に薄くで構わないので必ず油分でフタをするようにしてください。

 

また、日頃から乾燥が気になっていてしっかりカバーしたい方には化粧品よりもワセリンがお勧め。

 

ベタつきますが、アトピー体質など、生まれつき肌が弱い方でも安心して使えて、しっかりとお肌を守ることができる心強い味方です。

 

 

美肌は一日にしてならず。

 

日頃の生活習慣などを見直し、お肌に良い習慣をひとつずつ取り入れていくことで一年中トラブル知らずの美肌をキープすることができるようになりますよ。

 

今回ご紹介した方法も、ひとつだけでも構わないのでぜひチャレンジしてみてくださいね。