夏 肌トラブル 乾燥

夏肌トラブル最大の敵「乾燥」を徹底対策!

ベタつきやテカりと言った夏ならではの肌トラブル。

 

しかし本当に怖い、夏肌最大の敵は「乾燥」です。

 

夏なのに肌が乾燥してしまう原因と、その対策についてご紹介します。

 

ジメっとした夏に肌が乾燥するのはなぜ?

夏は汗をかくし、湿度が高くてジメジメしているからお肌は乾燥しない、と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、実はコレ、大間違いなんです。

 

お肌の乾燥を防いでくれるのは肌表面にある皮脂や角質層などの「お肌のバリア」。

 

しかし夏は強い紫外線や洗顔の回数が増えることから、お肌のバリア機能が低下しやすい季節。

 

お肌のバリアが低下した状態だと、どれだけ湿度が高くても肌の水分を保持することが難しくなります。

 

表面はベタついているのに、実は乾燥しているという「隠れ乾燥肌」が増えやすい季節でもあるんですね。

 

また、冷房が効いた空間では物理的に乾燥することもあるため、夏は、肌にとってとても過酷な季節なんです。

 

夏の乾燥肌を防ぐスキンケア方法とは?

では、夏の乾燥肌を防ぐためには、どのようなスキンケアが効果的なのでしょうか?

 

肌が乾燥している状態なので、やはり保湿が最優先。

 

化粧水の重ねづけでしっかりと肌の奥まで保湿成分を浸透させましょう。

 

ベタつきや毛穴の広がりが気になる人は、重ねづけする化粧水に「収れんタイプの化粧水」を選ぶのもお勧め。

 

しっかりと水分を送り込んだ後、毛穴を引き締める収れんタイプの化粧水を使えばお肌がキュッと引き締まります。

 

化粧水で水分補給をした後は、乳液やクリームでフタをするのも重要。

 

ベタつき、テカりが気になる場合は薄くで構わないので、肌表面を油性のものでカバーしておきましょう。

 

夏の乾燥肌には洗顔も重要!

夏は汗をかいたり、ベタついたりが気になってついつい何度も洗顔してしまいがちな季節。

 

しかし、洗顔のし過ぎは肌に必要な油分まで洗い落とし、それが乾燥につながってしまうこともあります。

 

だから夏の洗顔は、一度でさっぱり洗えるタイプのものを選ぶのがお勧め。

 

当サイトでご紹介している「然よか石けん」は、火山灰をさらに細かくしたシラスパウダーが毛穴の奥まで入り込み、毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり吸着。ツルツルに洗いあがります。

 

毎日のベタつきや汚れをしっかり洗い落とせるから、今日の汚れを明日に持ち越すこともなく、毎日健やかなお肌をキープするのにピッタリ。

 

洗顔料特有のヌルつきもないので使い心地も抜群ですよ。

 

 

 

夏だからこそ本当は気を付けないといけない「乾燥」。

 

でも乾燥肌の対策は、この記事を読めばバッチリです!

 

しっかりと対策して、一年中、むきたまごのようなツルスベ美肌を目指してくださいね。