梅雨 肌のべたつき

梅雨時期の肌のべたつきをコントロールする3つの方法

梅雨に入ると、なぜか肌がべたつく。湿疹が出るなど肌トラブルに悩まされる女性がたくさんいます。

 

今回は、梅雨の時期ならではの肌のべたつきをコントロールする3つの方法をご紹介します。

 

余分な皮脂をしっかりオフできる洗顔を!

梅雨の時期は、じっとりと汗をかくことが増えてくる季節。

 

汗をかきなれてない身体が本格的に汗をかく準備ができるまでは、毛穴に詰まった皮脂汚れと粘り気のある汗が出て、顔に限らず全身がべたつくことも多いのです。

 

そんな季節だからこそ、洗顔はいつもよりも重要。

 

毛穴の奥からしっかりと汚れを落とすことができる洗顔料を選び、毎日の洗顔でさっぱり感を感じられるようになることが大切です。

 

ウォータープルーフ下地は避ける!

化粧崩れのことを考えるとつい使いたくなるウォータープルーフ機能つきの化粧下地や日焼け止め。

 

しかし、この時期は顔から水分が汗になって出やすい季節。

 

そんなときにウォータープルーフで顔からの水分の蒸発を閉じ込めてしまうことで、肌のべたつきがいつまでたっても解消されない・・・ということになってしまいます。

 

この季節は化粧崩れに我慢して、顔からの水分をしっかり排出・蒸発させることを優先するのがお勧めです。

 

運動をして、しっかり汗をかける身体を作る!

「運動がお肌のべたつきに関係あるの?」と思ったあなた。実は関係あるんです。

 

梅雨の時期の肌のべたつきは、べたつく汗が原因になっていることも多いのです。

 

この場合、夏に向けてしっかりと汗をかける身体を作れば、さらっとした汗をかけるようになり、べたつきが気にならなくなります。

 

できれば全身で汗をかける運動がお勧めですが、運動が苦手な方は半身浴で汗をかくのも良いでしょう。

 

肌のべたつきをすっきり洗えるお勧め洗顔料とは?

肌のべたつきをコントロールする方法をご紹介してきましたが、一番簡単に毎日の生活に取り入れることができるのはやはり「洗顔」。

 

当サイトでご紹介している然よか石けんは、顔だけでなく全身をすっきり・さっぱり洗うことができます。

 

この時期は汗をよくかく部分に湿疹などができやすい季節。

 

女性の場合は胸元や背中にかゆい湿疹やブツブツ、ざらつき感を感じる方も多いのです。

 

よか石けんなら、きめ細かいシラスパウダーのチカラで、肌にやさしくざらつきや汚れを洗い落とし、キュキュッとした気持ちの良い洗い上がりを実感できます。

 

汗をかく季節の洗顔、全身洗いにもぴったりな然よか石けん。ぜひ一度、試してみてくださいね。