冬 テカり肌 原因

冬のテカり肌、その原因とは?

お肌が乾燥してしまいがちな真冬・・・それなのに、気が付くと頬や鼻の頭がギットリテカってるのはなぜ!?

 

そんな冬のテカり肌にお悩みの女性、実は結構多いんです。

 

外に出るとカサカサなのに、部屋に入るとテカテカ・・・

 

この原因は「インナードライ肌」にあります。

 

寒さや乾燥でお肌の内部が乾燥してしまっているため、肌の水分と油分のバランスが崩れてしまい、冬なのにテカってしまう、という訳なんですね。

 

インナードライ肌の対策は、何と言っても「保湿」。

 

水分をしっかりと与え、その水分をキープできる状態にたっぷり保湿をする必要があります。

 

それと同時に大切なのが「洗顔」。

 

冬は新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーも夏に比べると滞りがち。

 

肌表面に残った古い角質や汚れが、肌のテカりにもつながってしまいます。

 

だから秋冬の乾燥が気になる季節には、しっかりと肌表面の老廃物を落としながらもお肌にやさしい洗顔料を選ぶ必要があるんですね。

 

そこでオススメなのが、当サイトでも体験レポートをご紹介している「然よか石けん」。

 

冬場の枯れ肌からしっかりと老廃物を洗い流し、むき卵のようなつるんとした赤ちゃん肌へと導きます。

 

冬場の洗顔のコツは、入浴時なら体全体を温めてから、洗顔だけなら顔のお肌を温めてから洗うこと。

 

体が温まると毛穴が開き、毛穴の奥の汚れをしっかりと落とすことができます。

 

よか石けんでお肌の老廃物をしっかり取り除いた後は、化粧水と乳液でたっぷりと保湿。

 

乾燥肌の方はさらにクリームでフタをするのもオススメです。

 

インナードライは肌に限らず、体内の水分が減っているのも大きな原因。

 

寒い冬は水分摂取も怠りがちなので、のどが渇いた感じがなくてもこまめに水分を摂ることを心がけましょう。

 

これらの対策を活用して、気になる冬のテカり肌をしっかりケアしてみてくださいね。