冬 乾燥 保湿

秋冬の肌乾燥トラブルを防ぐ「冬の保湿ケア」とは?

秋から冬にかけては、本格的な乾燥の季節。お肌の負担が大きい、憂鬱な時期ですよね。

 

そんな秋冬のスキンケアでもっとも重要なのは、何と言っても「保湿」。

 

・・・ですが、「私は毎日化粧水と乳液で保湿には力を入れているから大丈夫」という方もご用心。

 

洗顔後につっぱりを感じたり、乾燥はしないけど肌が脂っぽくベタつく感じがする、という場合、見た目では乾燥していないように見えても、肌の奥はカラカラ、ガサガサの「隠れ乾燥肌」かもしれません。

 

寒くなる冬は特に、外気が乾燥していることや暖房で室内が乾燥すること、血行が悪くなってお肌の新陳代謝が悪くなることからお肌の乾燥やトラブルに悩まされやすい時期。

 

冬のお肌をすこやかに保つためには、乾燥しがちな肌に十分な潤いを与えることに加え、お肌が本来持っている「バリア機能」をしっかりサポートすることが重要になってきます。

 

バリア機能をサポートするには、古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを促すのが効果的。

 

そして、角質を取り除くための「冬の保湿ケア」にピッタリな洗顔料としてオススメしたいのが「然よか石けん」です。

 

然よか石けんは、ミネラル豊富なシラスパウダーで毛穴の奥の汚れや古い角質を吸着、しっかりと洗い流せると評判の練り石けん。

 

肌荒れやニキビを防ぐ有効成分や自然由来の美容成分で、洗い上がりは潤いのあるもっちりとしたお肌を実感することができます。

 

この「然よか石けん」は、その確かな洗浄力はもちろん、保湿面でもかなりの優れもの。

 

冬場は市販の洗顔料だと、つっぱったり乾燥してお肌がいつもガサガサだった、という方からも「口元、目元の乾燥が気にならなくなった!」との口コミが寄せられるほどなんですよ。

 

洗い上がりもお肌はつっぱらずモチモチ。化粧水や乳液、クリームなどもぐんぐん浸透します。

 

だから冬場も、乾燥に負けないバリア機能を持った、すこやかなお肌を保つことができるんですね。

 

乾燥はお肌そのものがカサカサで老けて見えるだけでなく、お肌のくすみの原因にもなります。

 

冬でもツヤと潤いのある、透明美肌をキープするために、「然よか石けん」での洗顔を、冬の保湿ケアに追加してみませんか?