石鹸洗顔 つっぱる

石鹸洗顔だとつっぱるときはどうすれば良い?

石鹸洗顔が肌に良いと聞いて始めたけれども、洗顔後のお肌のつっぱりが気になる・・・

 

初めて石けんで洗顔をした方の中には、こうした意見が多く聞かれます。

 

しかし、石鹸で洗顔したときに、肌がつっぱるのは実はごく当たり前のことなんです。

 

石鹸で顔を洗った後は、皮膚がアルカリ性に傾くので肌がつっぱったように感じます。

 

ただし、肌にはアルカリ性に傾いた状態を弱酸性に戻そうとする力があるため、多少つっぱる感じがする程度であればそれほど気にする必要はありません。

 

しかし、石鹸での洗顔を控えた方が良いケースもあります。

 

それは、あまりにもつっぱり具合がひどいと感じる場合や、肌がピリピリ、ヒリヒリしたり赤く腫れたりするような場合です。

 

これは、肌の状態が乾燥してバリア機能が弱くなり、肌が敏感な状態になっていることが原因。

 

肌の状態が良くないときに、アルカリ性の石けんで刺激を与えるのは控えた方が良いでしょう。

 

肌がピリピリするときは、できれば洗顔料を使わず、ぬるま湯などでやさしく洗顔するのがオススメです。

 

ぬるま湯だけだと洗浄力に不安がある、という場合は、中性や弱酸性で、合成界面活性剤が使われていない、マイルドな洗浄力の洗顔料を使うようにしましょう。

 

そしてお肌のコンディションが落ち着いてきたら、石鹸洗顔に戻すのがオススメです。

 

石けんは洗浄力が程よく、お肌にやさしい洗顔料。

 

たっぷり泡立てて、泡でマッサージするように洗えば肌への刺激も少なく、余分な皮脂だけをしっかりと洗い落とすことができます。

 

ご自身のお肌の状態をよく観察しながら、ぜひ、安心して石鹸洗顔にチャレンジしてみてくださいね。