シミ 原因 予防

女性のお肌の大敵、シミの原因

じつに多くの女性が気にするシミの原因。

 

これはあなたもご存じだと思いますが
ズバリ紫外線がお肌のトラブルを引き起こすのです。

 

ちょっとした外出や洗濯物を干すときなど、
普段の生活でうっかり浴びてしまった紫外線によるダメージは
意外と大きいのです。

 

「突然シミがでちゃった」と驚く人も多いでしょう。

 

少しずつ、少しずつ肌の奥に蓄積されていき、
気がついたときにはできちゃってた、なんてことも。

 

それがある一定のレベルに達すると、
水がコップからあふれだすようにして
シミとなって現れるわけですね。

 

予防するにはどうすればいい?

とくに輪郭がはっきりしてしまったシミは
大きさにかかわらず、
美白化粧品で消すことは難しいでしょう。

 

洗顔石鹸でいくら洗っても消えないのです。

 

ただし美白化粧品は予防には有効です。
もちろん当サイトでご紹介している
よか石鹸やどろあわわもそう。

 

シミの要因である
メラニン色素を減らすように働きかけてくれるのです。

 

肌トラブルが気になりだす40代になる前、
30代頃から美白成分配合の化粧水や美容液などを
毎日顔全体に使ってしっかり予防しましょう。

 

有効な対処法

自宅でできるシミ対処法が
「ピーリング」です。

 

古くなった角質をとりのぞき、
肌の再生を促すという方法なんですね。

 

肌の代謝が上がってメラニン色素が排泄されるので、
ごく薄い段階のシミには有効といえるでしょう。

 

最近では、さまざまな
家庭用ピーリング化粧品が販売されているのです。

 

なお美白には「イオン導入」、
シミの除去には「レーザー」がありますが、
いずれも美容皮膚科での治療なります。

 

当サイトでご紹介している洗顔石鹸はシミの予防や
これからの対策には有効です。

 

しかしすでにはっきりと出来てしまっているシミが
消えるというわけではありません。

 

レーザー照射なら即効美白って本当?

レーザーでシミを除去したという人が最近増えています。

 

シミなどの黒い部分にだけ
レーザーが反応して除去するというものですが
即効美白というのははたして本当なのでしょうか?

 

照射してからしばらくは、
皮膚表面に赤みが残り、
約1か月後には、レーザー照射によるやけどのせいで
色素沈着がおこります。

 

体質や肌質によって個人差はありますが、
少しずつシミが薄くなっていって
数か月から1年で色素が消えるといわれています。

 

ごくまれにレーザーでシミを除去しても
また濃くなったという人もおられるようです。

 

それは色素の取り残しが原因であるケースがほとんど。

 

レーザーでシミを消すといっても
やはりある程度の期間は必要です。

 

とはいえ化粧品ではどうしても落とせないという場合は、
レーザー照射による除去を試してみる価値はあるでしょう。